スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

色々報告。

RST2次予選終わりましたね。皆の予想は如何だったでしょうか?

さて、今回の記事の話す内容として

1.RSTの結果、諸連絡
2.フラグムービー(ネオ氏製作)について
3.今後について


RSTの結果、諸連絡から。

RSTの結果は知っている方も大勢いるかと思いますが、2次予選2回戦まけによってQuick7はCランカーからランク外へと変わりました。
大会前3日前に急遽メンバー変更、その前の練習期間も1ヶ月取れていない中臨んだRSTでしたがやはり質と量。練習で身を結んでいなかったのはこの要素がでかかったからだとおもいます。

ここからちょっと私情
僕自身Quick7に戻ってきたのは丁度1年ぶり。実は去年Quick7を脱退した主な原因は私にありました。クラン戦中にVCの雰囲気を悪くしたり、twitterでの発言を控えなかったり。そんなお子ちゃまだった僕は蹴られて当然。1年間で反省、成長したつもりでQuick7に戻りました。1年間ずっとQuick7にいたのはましうさんだけ(活動していたという点において)。ずっとランカー維持をしてきてやってきたましうさんがDeToNatorに入ってQuick7の引継ぎとなりました。
きっと期待してた人は少なかったと思う。twitterみてもクラン戦をしていても舐めたことを言ってるような人が多かったりで。
でもそれでもましうさんが残したQuick7を少なくともいい形で引き継げるように~なんて思ってたらこんな結果に。
自分が情けなくて不甲斐なくてたまらない。VCも負けた途端どう声をかければいいのか分からなくて逃げるように落ちてしまった。どこが成長したなんて言えるのか。よく、『この悔しさをばねに次を頑張る!』なんていう人がいる。

あえて言おう。次を本当に頑張ってるやつは言ったやつの何割なのか。1割も満たないと思う。
大体の要因は、モチベーションが続かないから。ていうかずっとモチベーション保ってる人なんて一握りの人間しかいない。
要因の一つ。時間が足りない。大学が忙しくなっていく一方でAVAに割ける時間が減っていったりしている自分が本当に次まで頑張れているのか。納得のする頑張りが出来るのか。
正直、俺はこの悔しさをばねに次を頑張るなんて口が裂けても言えない。
だって『大会で結果が出せない人間に頑張った。』なんていう資格なんてないんだもの。

元々日頃から頑張りが足りてるのか大体悩んでるけどね。自分に出来ることを精一杯やれていたのか。なーんて。

悔しさも何も練習からきちんと出来ているのであれば、精一杯やりきった。それでも負けたんだ。ってなるはずなんだよね。
そこには悔しさもあると思うけど、経験があるとおもうんだよね。自分の考えていた手では相手に及ばなかったっていう経験が。
だから『悔しさ』をバネにするんじゃなくて。『経験』を元に次のRSTに臨まなきゃいけない。

そんなわけで私、FreeRayは次のRSTも引き続き臨むと思います。時間がクラメンが許すかぎり。自分が納得しうる限界点まで達したらその時が本当の引退かな。(これ諸連絡)


つーわけでフラグムービーに話移す。
9月末から製作に入ると思います。製作はWaterNEO氏。PERFECTIONを手がけた編集者です。フラグの長さとかは全然決まってないです。タイトルは決まってますがどうせなら予告編の時にバーンっと出したいから伏せとく。
僕個人のフラグムービーです。


ラスト、今後について。
Quick7自体どうなるかはまだまだ未定。姉妹クランであるRapid7との折り合いをつけつつの展開になっていくと思います。
どちらにせよ、落ち着き次第クラン戦の一つ一つを丁寧にこなして大会に勝てる強いクランにしていくつもり。今回で足りなかった時間の要素も次のRSTは12月だし、手探り状態の中やっていくと思います。今後どうなるにせよ、もし応援してくださる方がいれば引き続き応援よろしくお願いいたします。次回こそ結果を残す。





最後まで見てくれた人へ
今RSTで最強のフラグだと思うURLを貼っとくね。よかったら見てちょ。
https://www.youtube.com/watch?v=rR1OAwVjfXI&list=UUG4x-thfrXztAX7BADYxt_w
スポンサーサイト
Date: 2014.08.17 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
Twitter
使用デバイス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。